思い入れのある布や素材を無駄にせず生かせる、四方耳の織り機

大切な糸を最後まで使える

今まで織り機というと、機からおろす時に、どうしても捨てる糸が発生していました。
思い出Eco織り機では、特許取得の新製法により、四方耳で無駄な糸を出さず、最後まで素材を生かせます。

裂き織りや、手紬の太い糸でも織れる

今までの織り機は、古布を織りなおす裂き織りであっても、縦糸には新しい細い糸を使わねばならなりませんでした。
思い出Eco織り機では、古布を割いたような太く弱い糸も、縦糸に使えるようになりました。

子どもから大人まで、楽しめる織り機

機からおろす時に、縦糸を結ぶ必要がないので、結ぶ作業が難しい人、子どもや福祉施設の利用者でも、活用いただけます。

技術者や森林を守る

古いアンデスの機を参考に、日本の宮大工の技を生かして、京都産ヒノキで作りました。

京都のヒノキは古くから建築材料にするために育てられてきましたが、今は木造建築が減り、森が荒れる一因にもなっています。
Ecoという名をつけたのは、古着を使えるからというだけではなくて、日本の森と宮大工の技を守ることにもつながるからです。
エネルギーをクリーンに、つくる責任つかう責任、陸の豊かさを守る、など、SDGsの目標にも合致する品です。
持続可能な社会づくりに貢献しつつ、思い出Eco織り機で、 思い入れのある古い布を、暮らしのなかで使えるものに生まれ変わらせてみませんか!

購入・レンタルして楽しむ 事業に生かす

織り機を購入してご自身で楽しむだけでなく、レンタルや講師ライセンスの取得で、ご事業にも活かせます。

・購入…16,500円
・レンタル…1月3300円(5ヶ月レンタルでご購入)
・講師ライセンス取得…33,000円(3日間の講習により、ご自身の事業で活用したり、特別価格で道具の購入をしていただけたりします)

詳しくは、wazappon@gmail.com (一般社団法人わざどころPON)までお問い合わせください。

織り方・活用法を知る

▼ 2分間で簡単に知る

▼ じっくり詳しく知る

講習会等イベントスケジュール

以下の日程で講習会を予定しています。

2021年
① 4月13日(火)
② 4月18日(日)
③ 4月20日(火)
④ 4月29日(木祝)
⑥ 6月27日(日)
⑦ 7月12日(月)
⑧ 7月25日(日)

いずれも13-16時に開催。
場所は、わざどころPONにて行います。
体験のみや、時間内に織り上げる場合は無料。
織りかけのものを持ち帰って仕上げたい場合は3000円(1ヶ月レンタル)できます。

更新情報の通知は、公式ラインアカウントで行っています。
ご興味ある方は、友達登録をお願いいたします。

友だち追加

https://lin.ee/76XJB44

クラウドファンディングを実施しました!

この織り機の、初回生産の費用を、今回のクラウドファンディングで募集しました

https://readyfor.jp/projects/ecoori

織り機の購入・レンタル

下記のリンクから、織り機の購入、レンタル申し込みができます。
レンタルは、1ヶ月単位で、2ヶ月目以降は、銀行振り込みかカードの定期引き落としで借り続けていただけます。差額で購入もできます。

【購入・レンタル】

MENU